よくある質問 Frequently Asked Question (FAQ)


重症筋無力症はどうしておこるのですか?

 末梢神経と筋肉の継ぎ目で、神経筋接合部の筋肉側に存在するアセチルコリン受容体が抗体によって障害を受け、神経の命令が筋肉に十分伝わらなくなるために起こります。脳の命令によって神経側から遊離されるアセチルコリンの筋肉側の受け皿(アセチルコリン受容体)を攻撃する抗体が原因とされます。

 ものすご〜くおおざっぱに言いますと、筋肉に「動け!」と脳が命令しても筋肉の末端にその命令を邪魔する抗体ができてしまい命令を伝えることができなくて、思うように体が動かなくなってしまうのです。


 詳しい内容はこちらをご覧ください。  

本サイト内 重症筋無力症 原因 (制作中)
本サイト外 神経筋難病情報サービス 「重症筋無力症(MG)」を参照してください。(別ウィンドウが開きます)

[ 閉じる ]